日帰りもできちゃう?プチ整形にかかる費用

日帰りでもできるプチ整形にかかる費用は?

日帰りプチ整形でできること

入院しないで済むのが嬉しい

入院しなければならないとなると、仕事を休んだり、家を空けなければならなくなり、時間の確保が難しい場合もあるかと思います。
入院に何日も必要になると緊急性がない分なおさらです。

内容にもよるとは思いますが、数時間あれば終了するのが日帰りプチ整形の最大のメリットなのかもしれません。
数十分で終わるものもありますね。
それなら仕事帰り、子どもが幼稚園や学校に行っている間、休憩時間など、ちょっとした隙間時間があれば受ける事ができます。

手術をすると言うよりもプチ整形なら歯医者に通うような感覚で美容整形が受けられますね。
今まで気になる部分をメイクでカバーしていたなら、プチ整形をする事で不要になり、毎日の時間も短縮できることになります。


ダウンタイムもかからないのも魅力

ダウンタイムについて説明させていただきます。
通常の美容整形では、麻酔やメスや針などの手術に必要な処置による、腫れ、むくみ、アザ等ができやすいと言われています。
見た目も痛々しいですし、実際に痛みも伴う事も予想されます。
落ち着くまで日光を避けなければならなく日中は外を歩けない等、日常活動がしばらくの間制限されるでしょう。

手術をする前と同じ健康状態に戻るまでの時間をダウンタイムと呼びます。
入院費、仕事を休むことを考えると金銭面での余裕も加えて考える必要がありますね。

しかし、プチ整形なら、メイクが数日できなかったり、二重手術の場合はコンタクトレンズが使えない等の制限はあったとしても、日常生活に負担はかからないので、ダウンタイムが短くて済む分、その部分での費用も安く、時間も短縮できるので安心です。


この記事をシェアする