日帰りもできちゃう?プチ整形にかかる費用

日帰りでもできるプチ整形にかかる費用は?

目や鼻の形よりもシワが気になる方にもおすすめ

二重まぶたのプチ整形の費用は?

二重まぶたのプチ整形の代表的な手法が陥没法があります。

糸で留めるだけなので最も需要も多いですが、テクニックのバリエーションやこだわりがクリニックによって違うので、価格にひらきもあるようです。

相場としては7万~8万円なのですが、留める糸の数や針や糸等を減らしたりグレードダウンする事でさらに安くする事も可能になります。
1万円未満の場合、1ヶ所だけ留めるだけの費用だと考えます。
1万円台なら2ヶ所留めの場所も増えてきました。
1ヶ所留めはコストがやすく手軽な分、取れやすい事が多いです。

また1万円代までで受けられる場合、万が一外れた時の保証がない事がほとんどです。
2万円~3万円台になると、より取れにくい3ヶ所留めに加えて保証期間を設けているところも増えてきます。

何かしらのグレードダウンをする事になりますが、相場の価格を1万円未満まで押さえらえます。

ヒアルロン注射の相場は?

ヒアルロン注射も日帰りで手軽にできるプチ整形の手法の代表で、シワを薄くしたい、鼻を高く見せたい、顎を出したい、涙袋が欲しい、ほうれい線を消したい等に使われます。
相場としては1本1ccで4万~6万円のようです。

上記にあげている施術の場合はほうれい線以外はほとんどの場合が1本で済むようです。
激安な価格のクリニックもありますが、内容などは十分注意しましょう。
通常は注射器1本に1ccに対し、0.1ccで販売しているところは小分け販売をしている事になります。

管理をきちんとしていれば問題はありませんが、針だけ変えて使いまわしは困ります。
ヒアルロン酸にもグレードがあって、豊胸などに使う安価な物をコストダウンで顔に使用する場合もあります。
使う部分にもよりますが、ヒアルロン注射は相場価格が無難なのかもしれません。


この記事をシェアする